メニューへ メニューへ

ファミリーイングリッシュ ファミリーイングリッシュ

家族で実際にファミリーイングリッシュを使って英語を勉強してみたブログ

娘が「言えた!」でいいんじゃない?って

2019-07-20 09:15:08 UTC
カテゴリ : 子供

下の娘が、「覚えた!」じゃなくて、「言えた!」でいいんじゃない?って。

うん、たしかに小さい子にはその方が良いかもしれません。
年齢設定できるようにしようかなとか、本気で考えてしまいました。

確かに、何回も言っていたら自然と覚える内容になってますからね。
小さい子には「言えた」だけで十分な気がします。

年齢設定、ちょっと考えてみます。

小学校1年生の娘の英語の上達がすごすぎます!

2019-05-09 05:02:09 UTC
カテゴリ : 子供

小学校1年生の末娘は、ファミリーイングリッシュに取り組むにあたり、とにかく言えたら「覚えた!」を押しています。
「覚えたら押すんだよ。」と言っても、娘は「まだ1年生なんだから、そんなに簡単に覚えられるわけ無いじゃん。言えたら押すの。」って言って、毎日言えたら押しています。

うーん、「それで覚えられるか?」って思っているのですが、ファミリーイングリッシュには「再挑戦」というおさらい機能があって、既に「覚えた」になっているフレーズを毎日ランダムに提示します。復習になっているのですが、末娘は毎日復習をしていて、表示されたフレーズを見て、「こんなのもう覚えたよ。」とかいって、サラッとそのフレーズを口に出します。

小学校1年生の吸収力ってすごいですね。
すっかり英語が好きになって、英会話にも通うようになったし、英語の歌を覚えようとしたりしています。

耳も英語を聴く耳が出来てきているというか、英語の歌を聴いて、その歌詞を口ずさんだりします。
ファミリーイングリッシュはネイティブスピーカーの音声が聞けるので、耳も慣れてくるのでしょうね。

ファミリーイングリッシュでは、音声が聞けるほか、カタカナ表示もあって、子供には使いやすいと思います。
末娘はまだ1年生なので、カタカナもすんなり読めるわけではないのですが、音声を聞き、カタカナを見て、英語を見てってしているうちに、英語力がぐんぐん上がっているようです。

「英語をカタカナで表示するってどうなん?」って思われる方もいるでしょうが、子供が入りやすいので、良いと思いますよ。

覚えた英会話フレーズは日常でどんどん使うべき

2019-04-19 02:18:40 UTC
カテゴリ : 家族

覚えた英語フレーズは、日々の日常でどんどん使ったほうが効果がありますね、当たり前ですが。

我が家でも、「起きる時間だよ。(It's time to get up.)」とか「今日は早く起きたね。(You got up early today.)」とか、「テレビばっかり見てちゃダメ。(Don't watch TV so much.)」とか、英語で話すと家族皆が復習になって良い感じです。
何より自分も復習になりますからね。

「何が何でも覚える」みたいに気合を入れてやると大変だし、家族が着いてこれないので、忘れていて英語で言えなくても良いやぐらいの感覚でやっています。
アプリに復習(再挑戦)があるので、何回でも復習になります。

実は再挑戦で何回もやり直すことになるので、無理に覚えなくても自然に覚えてるって感じですね。

また、子供が日本語で言ったことが、既に覚えたフレーズと同じなら、「英語で言ってみて。」って言うのも効果的。
子供はおぼつかない感じで単語を一つ一つ言いますが、あっていたら「すごいね(エクセレント)!」とか言ってあげると喜びますし、よりがんばります。

子供が言えそうで言えない感じの時は、最初の単語を言ってあげると、すぐに続きが口から出てきたりします。
覚えてるんだけど、出だしが出てこないってことは多いですね。

今ではファミリーイングリッシュのおかげで、家族の会話に英語が少しづつ増えてきています。
特に子供の上達が凄いので、本当にこのアプリはおすすめですよ。

覚えた英語フレーズは毎日使うことで自然と身につく感じです

2019-03-30 23:06:27 UTC
カテゴリ : フレーズ

毎日覚えた1フレーズは、毎日家族で使うことを意識しています。

例えば、毎日子供に言う「起きる時間だよ!」は、「It's time to get up!」です。これ、本当に毎日使いますよね。
だから、毎日毎日口にして、自然と身に付いています。

ファミリーイングリッシュに収録されているフレーズは、毎日使うものばかりです。
だから、毎日覚えたフレーズを口に出すことが出来ますし、聞くことが出来ますし、話すことが出来ます。

子供が日本語で話しかけてきたら、「それを英語で言って。」とか、「Say in English.」とか言って、英語で言い直させたりもしています。

例えば、「それで、今日はどこに行く?」って子供が遊びに行きたくて言ってくることがあります。
「それを英語で言って。Say in English.」なんて言うと、子供は「So where are we going?」って言います。
素晴らしいですよね、英語が身についているのです。

家族で話すから身についているのだと思います。
家族だから恥ずかしくないし、親としては子供に教えるために自分が覚えないといけないから、力が入ります。

子供が覚えた頃には親もバッチリ覚えています。
覚えているから日常的に使います。
気がついたら英語が話せるようになっているという感じです。

何より子供の英語に対する抵抗感が無くなるのが良いですね。
これも、やっぱり家族で使うからだと思います。
本当に、子供は家族から学ぶことがたくさんあるのですね。

年寄りにアプリを使わせることはやっぱり無理なのか

2019-03-22 22:43:22 UTC
カテゴリ : 家族

先日、父親もファミリーに追加したと書きましたが、何度教えても「アプリって何?」って感じで話になりません。

もう80近いおじいさんなのですが、iPadを一台持たせています。
ですが、「スマートフォンとかタブレットとかって何?」みたいな感じで、ガラケーすら電話の受け答えは出来るけど、電話帳も使いこなせない感じなので、やっぱりファミリーイングリッシュは無理なのかなと。

このままでは家族全員が先に進めないので、父親は家族から外すことにしました。

世の中には80歳でアプリを作るおばあさんがいるというのに、個人差って大きいんだなと、しみじみと感じているのでした。

そう言えば、私の義理の母はiPhoneを使いこなしています。
しかもiPhoneでは一番小さいiPhone SEを。

義母はガラケーを使っていたコロ、広告やテレビで、「詳しくはWebで。」って言葉を見聞きするたびに、悔しい思いをしていたそうです。
「インターネット使いたい。Webを見たい。」って気持ちが強くて、ちょうどソフトバンクが「スマホデビュー割」をやっていたので、僕の名義でiPhoneを契約しました。

とても嬉しいようで、どんどんiPhoneの機能を使いこなすようになりました。

興味の問題なのかなと。
お年寄りでも、興味があればどんどん吸収するようです。
興味関心っていうのは、年を取っても衰えないのでしょうかね。
英語も、興味があれば吸収は早いかもしれません。

ファミリーイングリッシュはスマートフォンアプリです

Android

Google Play で手に入れよう

iPhone, iPad, iPod Touch

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317

QRコード

Android

Google Play で手に入れよう

QRコード

iOSとAndroidで、フェーズや進捗の共有が簡単に出来ます。

無料アプリ

アプリは無料です。また、第1フェーズ(50フレーズ50日分)も無料です。