メニューへ メニューへ

ファミリーイングリッシュ ファミリーイングリッシュ

家族で実際にファミリーイングリッシュを使って英語を勉強してみたブログ

次女との会話が笑える

2019-03-19 00:04:16 UTC
カテゴリ : 子供

次女に「今日は学校休みだよ。」って英語で言ってって言ったら、「覚えてない。」だって。

いや、一昨日覚えたやろ?

もう一度覚え直させる。

「I'm off for school today.」だよ、ちゃんと覚えてね。

すぐに覚えるんだけど、忘れるのも早い。

いかんいかん、もっと日常的に使わなければ。。。

ただ、ちょっと気がついたこともあります。

例えば上で紹介した、「I'm off for school today.」ですが、娘がすぐに言えない時、「アイム」って言ってあげると、続きが出てきたりするんですよね。
文章は覚えているけど、頭の部分がすぐには出てこないってことが結構あるようです。

だから、子供と練習する時は、ちょっとヒントを言ってあげると良いのかもしれません。

あと、小さな子供は一生懸命覚えるのではなくて、言えたら「覚えた」って感じでも全然大丈夫な感じですね。
大人からすると、「本当に覚えたのか?」って思うんですけど、子供はなんとなく覚えているようです。

この「なんとなく」が実は結構大事で、ちょっとヒントを言ってあげたりすると、すんなりそのフレーズが出てきます。

それから、リスニングですね。
うちの子供は英語で言われたことをすんなり理解します。もちろん、ファミリーイングリッシュで学んだフレーズですけどね。ファミリーイングリッシュではリスニングも鍛えられるので、子供はどんどん英語を吸収します。
子供の吸収力って本当に凄いものです。

ファミリーのメンバーを増やすと結構大変かも | メンバーを増やしてみた

2019-03-16 07:53:55 UTC
カテゴリ : 家族

ファミリーにじいちゃんも追加したのだけど、いつも学習を忘れていて、末娘が「おじいちゃんファミリーイングリッシュやった?」って聞くようにしています。
大抵やってないのはじいちゃんか長女。
長女も結構やるのを忘れているというか、習い事と宿題が大変で、つい後回しにして忘れてしまうようです。

メンバーが増えるとそういうところ結構面倒くさいところもありますね。
まぁ、じいちゃんも一緒に練習やるってことは滅多に無いと思いますが。

次女は、自分がだんだん英語が出来るようになってきたから、調子づいてじいちゃんに「覚えてよ。」なんて生意気なことを言うようになってきたのですが。
じいちゃんは未だに「ファミリーイングリッシュってなんや?」なんてことを言います。記憶力が全く無くなっているようです。
まぁ、それはそれで微笑ましい光景ではありますが。

というわけで、メンバーが増えると面倒なこともありますが、家族のコミュニケーションが増えるので良いのかななんて思っています。
まぁ、長女のように本当になかなかやらないと、ちょっと腹が立つこともありますが。

長女は反抗期なのでちょっと難しいんですよね。
それでも、ファミリーイングリッシュを通してコミュニケーションがあるので、「反抗期対策にも結構役立つ?」なんて勝手に思っているのですが。

ファミリーイングリッシュで英語を使ってのコミュニケーションを家族で練習するのって、結構楽しいんですよね。

おやじが英語勉強したいからスピードラーニング申し込んだと言うので

2019-03-13 03:01:36 UTC
カテゴリ : 家族

おやじは同居してますが、英語を勉強する気は無いだろうと、ファミリーイングリッシュの存在を教えていませんでした。

そうしたら、突然英語を勉強したいからスピードラーニングを申し込んだと言い出したのです。

調べてみると、初回9,800円、2ヶ月目以降は5,100円/月かかり、しかも70巻(70ヶ月)ぐらいあるとのことで、総額45万円もかかると言うのです。

ファミリーイングリッシュなら50フレーズ(1ヶ月半)でたったの360円です(アプリと最初の50フレーズは無料)。スピードラーニングのあまりの高さに唖然としました。

もちろん、先生がつく対面式の英会話教室は、人件費がかかるので、お金がかかるのは納得できますが、スピードラーニングはただCDが送られてきて、それを聞いて英語を学ぶというものです。それで5,100円/月は高すぎるでしょう。

今どき、無料の英会話アプリも多数あります。
正直ファミリーイングリッシュの360円も高いのではないかと思わせられる時代に、スピードラーニングの高さは驚きです。

というわけで、スピードラーニングは体験版だけにして、ファミリーイングリッシュ使うようにおやじに勧めたのでした。
家族だから無料だもんね。
※ ファミリーイングリッシュは家族の代表が50フレーズを購入すると、ファミリーのメンバーは全員無料でその50フレーズを学習できます。iOSとAndroidの垣根もありません。代表者がiPhoneで、子供がAndroidでも、購入した50フレーズは子供は無料で学習できます。

言語は感覚で覚える | 文法ばかりの日本の英語教育は限界

2019-03-12 03:07:12 UTC
カテゴリ : フレーズ

人間が言語を学習するときって、文法とか気にせず、感覚で覚えるものだと思うんですよね。

生まれてから日本語を話すようになるまで、別に文法なんて勉強しないじゃないですか。

赤ちゃんは、親の話す言葉を真似して、全く同じ言葉を発するところから始まります。

うちの場合、次女は長女の名前を発音するのが一番始めでした。

家の中で一番多く発するのが、長女の名前と次女の名前で、長女を呼ぶことを最初に覚えたのです。

これって、本当に感覚的に学習しているんですよね。

親が長女を呼ぶのを聞いていて、長女を呼ぶときには親と同じように発音すれば良いって学習したんだと思います。

丸暗記したことを、シチュエーションに合わせて発するようになったんだと思います。

なら、英語の学習も同じではないかと思うんですよね。

僕たちは中学校から英語を学び始めましたが、最初から文法を教えられましたよね。

でも、それって全然役に立ってなくて、本当はフレーズを感覚的に覚えるところから始めないといけないのではないでしょうか。

それで、ファミリーイングリッシュは簡単なフレーズを丸覚えする、しかも無理なく一日に1フレーズ覚えるペースで。

それが多分一番言語を学習するのによいのではないかと思っています。

実際、6歳の次女はファミリーイングリッシュを毎日使って、少しずつ覚えた英語を話すようになってきました。

耳もかなり鍛えられているようです。
分かるようになってきたから楽しいのでしょうね、英語が好きだと言うんですよ。

ファミリーイングリッシュの方向性は間違ってないと思います。

進研ゼミの英語学習 | ファミリーイングリッシュと類似点がある

2019-03-09 22:28:00 UTC
カテゴリ : 子供

次女が今年、小学1年生になるので、進研ゼミの申込みをしていたのですが、昨日タブレットなど一式が届きました。

その中に、英語学習用のツールなどもあり、ボタンを押すと、その時間帯にあった英語フレーズが再生されるというもので、そのフレーズを日々覚えていこうというものでした。

うーん、基本的にファミリーイングリッシュと似ています。

ファミリーイングリッシュは家族で英語フレーズを覚えていこうというものなので、その点が異なりますが、毎日フレーズを少しずつ覚えていくというのは同じですね。

毎日日常会話に使うフレーズを覚えていく、やっぱり、英会話の学習方法としてはそれが一番なのかも知れません。

中学英語とか、はっきり言って英会話には使えませんからね。
そもそも文法がどうだとか、こだわり過ぎなんですよね。もちろん文法も大事ですが、人間が生まれてから話すようになるまでの間に、文法なんて勉強しませんからね。

赤ちゃんは毎日聞くフレーズを少しずつ覚えていき、それを口に出すようになるんです。
子供や大人は、赤ちゃんとは学習方法が違うかもしれませんが、会話に関しては、この赤ちゃんの学習方法が一番自然で、身につくのでは無いかと思っています。

覚えたフレーズをここぞという時にサクッとそらで言えるのが一番格好いいですしね。
英語を学習する上で、「カッコいい!」ってのは重要な要素だと思います。毎日カッコよくなるから勉強するし、勉強するのが楽しいと思います。

ファミリーイングリッシュはスマートフォンアプリです

Android

Google Play で手に入れよう

iPhone, iPad, iPod Touch

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317

QRコード

Android

Google Play で手に入れよう

QRコード

iOSとAndroidで、フェーズや進捗の共有が簡単に出来ます。

無料アプリ

アプリは無料です。また、第1フェーズ(50フレーズ50日分)も無料です。