メニューへ メニューへ

ファミリーイングリッシュ ファミリーイングリッシュ

家族で実際にファミリーイングリッシュを使って英語を勉強してみたブログ

ファミリーイングリッシュの効果上々 | 次女が英語好きに

2019-02-20 02:10:47 UTC
カテゴリ : 子供

昨日、次女が近所の英会話スクールに体験入学しました。

とても楽しかったらしく、すごく元気に勉強していたそうです。
そして、英会話教室の先生から、「普段から英会話の勉強されてるんですか?」って聞かれました。
なんでも、英語が上手だとか。

えっと、今月頭からファミリーイングリッシュやってるぐらいなんですが。
ファミリーイングリッシュのおかげ?
ファミリーイングリッシュの効果は大きいようです。

次女はまだ幼稚園の年長さんなんですが、どんどん一人で英語が出来るようになってきています。
いつもすすんでファミリーイングリッシュやってます。
とても楽しいようです。

まぁ、ちゃんと覚えてるかというと疑問ではあるのですが、何回か聞いて、何回か口に出して、言えるようになったら「覚えた!」ボタンを押しています。
「ゆっくり」の機能が好きらしく、いつも笑いながらやってますね。いや、笑うところじゃないんだけど。
それだけで、「普段から英語の勉強してるんですか?」と聞かれるぐらいに上達するのだからすごいですよね。

天候に関するフレーズが結構あります

2019-02-19 04:19:01 UTC
カテゴリ : 環境

こんにちわ。
今日は雨ですね。

ファミリーイングリッシュには天候に関連するフレーズが多く収録されています。
特に第1フェーズですね。朝起きるときや出かける前に使うフレーズとして、天候に関わるものが多いからです。

「天気が良いから早く起きなさい」とか、「雨だから屋根があるところに遊びに行こう」といった感じのフレーズが多く出てきます。

天候の話は、話のネタが無いときによくするものですが、コミュニケーション開始の糸口になる世間話として、天候ネタは重要です。

家族と言えども話のネタが無いことがよくあります。
天候ネタを英語で言って、会話を始めるのはどうでしょうか。

我が家で使っている端末 | 端末を選ばないのが良いところ

2019-02-18 03:05:03 UTC
カテゴリ : 環境

我が家では、私と妻がiPhone、長女がiPod Touch、次女がiPadを使ってファミリーイングリッシュを利用しています。

ファミリーイングリッシュは、家族で英語のフレーズを覚えていくことを目標にしているので、理想は家族全員が端末を持っていることです。

我が家の場合、次女はまだ端末を持っていません。

ですが、幸いにも家族で共有して使っているiPadがあったので、次女に使わせています。

iPadは長女が1日30分まで、次女が25分までと決めていて、次女はその25分を今までは漢字の勉強とYouTubeの動画を観ることに使っていましたが、今はそれに加えてファミリーイングリッシュで英語を勉強するようになりました。

ファミリーイングリッシュは、家族の誰か一人でもその日のフレーズを覚えていないと、次の日に新しいフレーズに進むことが出来ません。

ですが、誰が覚えていないかまでは提示しないようにしています。家族でコミュニケーションをとって、「昨日覚えた押した?」とか確認するようにしています。

我が家の長女の場合、やや反抗期に入ってきているのですが、ファミリーイングリッシュのおかげでコミュニケーションが取れる場合があります。

ファミリーイングリッシュはあくまで、家族で楽しく英語を学んでいくものとして開発しています。

ゆっくり発音とカナの追加で、子供が自分で学習できるようになりました

2019-02-16 21:14:42 UTC
カテゴリ : 子供

最初にファミリーイングリッシュをリリースしたときは、通常の早さでフレーズを再生し、「カナ」ボタンもありませんでした。

親が子供に発音を教えたらよいだろうと、そのようにしていたのですが、実際子供が学ぼうとしたとき、問題がありました。

小学生の娘は問題なかったのですが、幼稚園の年長の次女は、私達親が発音を教えていたのですが、自分ひとりで聞き取れないことに腹を立てたのです。

自分で聞き取って、覚えて、私達に話しかけたかったようです。

子供の自主性を甘く見ていましたね。
そう反省し、ゆっくり再生と、「カナ」ボタンを新設しました。

次女は自分ひとりでもゆっくり再生と「カナ」のおかげで聞き取りが出来るようになり、とても喜びました。

「カナ」をつけるっていうのは、英会話ではご法度なイメージがあったのですが、ネイティブの発音と組み合わせているので、問題は無いと思います。

むしろ、子供の自主性を活かすことが出来てよかったと思います。

ゆっくり再生は、オリジナルの音源をゆっくり再生するので、音程が下がり、「ぬわっ」て感じの変な声になってしまうので、完璧ではありません。

なので、ゆっくりの音源を収録しようと計画しています。

子供には難しいと思われるフレーズは短縮しちゃおう!

2019-02-15 23:20:45 UTC
カテゴリ : 子供

おはようございます!

さて、今日でブログ2日目です。
出来る限り毎日書いていきたいですね。

今日はファミリーイングリッシュを使っていて、ちょっと「ん?」と思ったことを書いてみます。

ファミリーイングリッシュは、特に日常会話で使われるような簡単なフレーズを覚えていくようになっているのですが、たまに難しかったり、長いフレーズがあったりします。

例えば下の画像のようなもの、フレーズが長いですよね。

長いフレーズのキャプチャ

第1フェーズでは、上図のような長いフレーズが2つ出てきます。
それも結構早いタイミングで。

各フェーズはシーンごとに使われることが多いフレーズを収録していて、第1フェーズは朝起きてから出かけるまでのシーンを想定しています。

それで、起きる前に使う、早く起きて欲しいという思いのフレーズが結構早い段階で出てくるんですよね。
その中に2つ長いフレーズがあるのです。

はっきり言って、小さなお子様にはこれは覚えるには長すぎます。

こういう場合は、フレーズを短く省略して覚えるようにすると良いです。

上図の場合だと、前半は省いちゃって、「It's a loss if you don't get up early.」として覚えるのが良いと思います。

こういう長いフレーズを入れてしまったことに、ファミリーイングリッシュ開発のキノイスのデザイナーである私の妻が、「こんな早い段階で長いフレーズをなんでいれたの!」ってえらい怒られました。いやー、怒るぐらいならリリース前にちゃんと見といてくれよ。

まぁ、内情はどうでも良いとして、長いフレーズは短くしちゃって覚えてください。
よろしくです!

ファミリーイングリッシュはスマートフォンアプリです

Android

Google Play で手に入れよう

iPhone, iPad, iPod Touch

Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317

QRコード

Android

Google Play で手に入れよう

QRコード

iOSとAndroidで、フェーズや進捗の共有が簡単に出来ます。

無料アプリ

アプリは無料です。また、第1フェーズ(50フレーズ50日分)も無料です。